トップ / 交通事故の相談は弁護士へ

交通事故は弁護士に相談

交通事故の相談は弁護士へ

交通事故の示談は弁護士の力で

交通事故の際には、通常であれば加入している自動車保険の担当者によって示談が行われます。そしてそれによって互いが負うべき過失責任やその割合が決定されます。しかし示談がうまくいかない場合も少なくはありません。そんな際に、ぜひとも頼りたいのが弁護士の力です。この力を借りれば、法律と言う絶対的な立場から過失責任やその割合を導き出してもらうことができます。最近では、交通アクシデントを専門とする人も出てきていますから、そうした人を頼るようにすると良いです。

交通事故に強い弁護士のサポート

交通事故で後遺障害が残ってしまうと障害慰謝料や逸失利益を損害賠償請求でき、その金額は障害の等級により決まります。そのため後遺障害の等級の認定申請が必要です。等級の認定申請は相手の保険会社に任せてしまうこともできますが、賠償金額に関わるので自分で手続きをすれば安心です。交通事故の示談交渉に強い弁護士は後遺障害の等級認定に関わる医学的な知識も豊富で、被害者が不利にならないよう等級認定申請を親身にサポートしてくれます。

↑PAGE TOP