トップ / 交通事故に遭ったら弁護士へ

交通事故は弁護士へ

交通事故に遭ったら弁護士へ

交通事故の示談交渉は弁護士に

交通事故の示談交渉について、弁護士の先生に相談して代理人になってもらうメリットの第一は、相手の保険会社が安い見積もりを出してくる慰謝料などの賠償金の金額を正当に正して被害者にとって有利な交渉をしてもらえることです。また被害者は、事故に巻き込まれたことで心身に大きなダメージを受けています。そうした状況で煩雑な書類を整えたり、相手の保険会社と交渉を繰り返すのは被害者にとって大きな負担です。法律相談をして示談の代行をしてもらうことで、被害者は負担から解放されて怪我の治療に専念することができます。

↑PAGE TOP