トップ / 法律の引用の注意事項

法律の引用について

法律の引用の注意事項

法律などの引用方法について

色々な制度が変わる度に、その説明の文章を書くことになるという企業関係の方も多いでしょう。その時に、悩むのがやはり法律を元に説明する場合の引用方法です。言葉で説明しても、どこにその元となる法があるのかを明確にしなければ意味をなさない場合があります。そういう場合に、気をつけたいのが引用方法です。必要な部分を抜き出すのではなく、出来れば条項全てを書き出すようにします。特に説明に重要な部分を赤文字にするなどは、自由に行っても問題はありません。尚かつ、この条項の明記されている法律の条例の名前と、〇条など条項の番号も書くことを忘れずにおきましょう。

法の論文での文献の引用方法

法律論文を書く時、出典を引用する必要がある場合があります。その時は、もとの表示場所について、明確にしなければなりません。この点が明確ではないと、説得力がなくなります。まず、条文の引用方法は、正式な名称を用いることが求められます。ただし、本文に何度も引用すると面倒ですし読みづらいです。そのため、最初に正式名称を記載した後略語を用いましょう。法律の文献を引くときは、具体的な書籍や論文名、発行年や執筆者などを明示します。特に、発行された書籍の版は明確にしないといけません。版によって内容が変化することが多いからです。

↑PAGE TOP