トップ / 法律を守って秩序を保つ

法律を守る必要性

法律を守って秩序を保つ

法律を守るのはとても大切なこと

日本は法治国家なので法律を遵守しなければならないのですが、その趣旨は皆が好き勝手なことをしていたら秩序が崩壊することにあります。本来ならば人が嫌がることをせずに皆で助け合って生活して行くのが理想的ではありますが、残念ながらそれはとても難しいことです。そのため法律を制定してそれを皆で守ることによって秩序を維持するところに法治国家の意味があります。そのおかげで私達は安心して日常生活を送ることができているので、皆がしっかりと法を守るのはとても大切なことなのです。そしてこれからも皆が平穏に生活するために、全ての人が法を遵守することが求められているのです。

言葉の意味は時と場合で変化

どの分野にも、その世界に長くいる専門家にしか分からない専門用語や業界用語があります。市民の目線から明らかに、特定分野の専門用語だと分かる言葉なら、辞書で調べれば良いだけです。しかし、分野によっては一般社会で使われる普通の言葉を、言わば隠語的に業界用語にしている事があり、そういった意味が分かりづらい用語が、商取引やビジネスの中ではしばしば用いられます。ネット検索によって自力で業界用語が調べられる時代ですが、大事な契約書に不安な点があれば、法律家に一度確認してもらいましょう。一般的な言葉でも、文書の前後や分野によって意味合いはコロコロと変化しますので、商取引に強い弁護士に「セカンドオピニオン」を依頼し、法律的にはどう解釈出来るか、点検してもらうのも効果的です。

↑PAGE TOP